Imagen

Docker で VantageCloud Lake の Teradata Jupyter Notebook デモを実行する方法

概要

このハウツーでは、Teradata VantageCloud Lake に接続し、Docker の Jupyter ノートブックからデモを実行する手順を説明します。

前提条件

  • インストールされた Docker Desktop

  • インストールされた Git

  • Teradata VantageCloud Lakeアカウント ログイン

    • Teradata のウェルカム レターにある組織の URL とログインの詳細

  • 選択したIDE

VantageCloud Lake 環境を作成する

VantageCloud Lake をはじめる に従って、独自の環境を作成します。
作成したら、[SETTINGS] タブに移動し、https://quickstarts.teradata.com/getting-started-with-vantagecloud-lake.html#_access_environment_from_public_internet[環境にアクセスする] ためのパブリック IP アドレスを指定します。

IP アドレスは WhatIsMyIp.com のWeb サイトから確認できます。IPv4アドレスに注記してください。
IPホワイトリスト

環境カードには「Public internet 」アクセスと表示されるはずです。

Public internetカードの表示

OVERVIEW タブから、 をコピーする。 * Public IP および * Open Analytics Endpoint

これらの値は、DockerからVantageCloud Lakeにアクセスするために必要です。

環境概要ページ

VantageCloud Lakeデモリポジトリのクローンを作成する

ローカル マシンで VantageCloud Lake デモ リポジトリのクローンを作成します。

git clone https://github.com/Teradata/lake-demos.git
cd lake-demos

リポジトリにはさまざまなファイルとフォルダーが含まれています。重要なものは次のとおりです。

vars.json ファイルを編集する

Jupyter NotebookをVantageCloud Lakeに接続するには、 vars.jsonファイル を編集して、次の情報を提供する必要があります。

変数

"host"

*OVERVIEW*セクションの Public IP 値(上記を参照)

"UES_URI"

OVERVIEW セクションからのOpen Analytics Endpoint 値(上記を参照)

dbc"

VantageCloud Lake環境のマスターパスワード

サンプル vars.json では、すべてのユーザーのパスワードはデフォルトで「password」に設定されていますが、これは説明を目的としたものです。これらのパスワード フィールドをすべて強力なパスワードに変更し、必要に応じて保護し、他のパスワード管理のベスト プラクティスに従う必要があります。

Docker 内でファイルをマウントする

VantageCloud Lake デモを実行するには、https://hub.docker.com/r/teradata/jupyterlab-extensions[Teradata Jupyter Extensions for Docker] が必要です。 この拡張機能は、SQL ipython カーネル、Teradata への接続を管理するユーティリティ、および Teradata データベースとの対話時の生産性を高めるデータベース オブジェクト エクスプローラを提供します。

デモ リポジトリのクローンを作成したのと同じフォルダー内ですべてのコマンドを実行していることを確認してください。

コンテナを起動し、既存のlake-demosディレクトリにバインドします。オペレーティング システムに応じて、適切なコマンドを選択します。

Windowsの場合は、PowerShellでdockerコマンドを実行する。
  • Windows

  • macOS

  • Linux

docker run -e "accept_license=Y" -p 127.0.0.1:8888:8888 -v ${PWD}:/home/jovyan/JupyterLabRoot teradata/jupyterlab-extensions
docker run -e "accept_license=Y" -p 127.0.0.1:8888:8888 -v $PWD:/home/jovyan/JupyterLabRoot teradata/jupyterlab-extensions
docker run -e "accept_license=Y" -p 127.0.0.1:8888:8888 -v $PWD:/home/jovyan/JupyterLabRoot teradata/jupyterlab-extensions
dockerログ

dockerログのURLをクリックして、ブラウザでJupyter Notebookを開きます。

Jupyter Notebook

デモを実行する

0_Demo_Environment_Setup.ipynb 内のすべてのセルを開いて実行して環境をセットアップし、続いて 1_Demo_Setup_Base_Data.ipynb を実行してデモに必要な基本データをロードします。

+

環境構築Jupyter Notebook

デモ用のNotebookの詳細については、GGitHubの Teradata Lake demos ページを参照してください。

まとめ

このクイック スタートでは、Docker の Jupyter Notebook から Teradata VantageCloud Lake デモを実行する方法を学びました。

このページは役に立ちましたか?