Imagen

Microsoft AzureでVantageCloud LakeのTeradata Jupyter Notebookデモを実行する方法

概要

このクイックスタートでは、 Teradata Jupyter Notebook Demos for VantageCloud Lake をMicrosoft Azure上で実行するためのプロセスについて詳しく説明します。

前提条件

  • Microsoft Azureアカウントへのアクセス

  • VantageCloud Lake環境へのアクセス

    VantageCloud Lake 環境をリクエストするには、この リンク にあるフォームを参照してください。すでに VantageCloud Lake 環境をお持ちで、構成に関するガイダンスが必要な場合は、こちらの ガイド を参照してください。

Microsoft Azureのセットアップ

このセクションでは、以下の各手順について詳しく説明します。

  • Teradata Jupyter Lab の拡張機能の Docker イメージに基づいて Microsoft Azure Web アプリを作成する

  • Jupyter Lab の拡張機能の Azure Web アプリを構成する

  • VantageCloud LakeのデモをJupyter Labの拡張機能であるAzure Web Appにロードする

  • Jupyter Lab の拡張機能 Azure Web アプリの IP を確認する

Teradata Jupyter Labの拡張Dockerイメージに基づいてMicrosoft Azure Web Appを作成する

  • Microsoft Azureにログインして「APP Services」をクリックする

Azureコンソール
  • 「App Services」で「Webアプリ」をクリックするgitsi

Azureウェブアプリを作成する
  • 「Basics」タブで、次の操作を行います。

    • ドロップダウンから適切なリソース グループを選択するか、新しいリソース グループを作成する

    • ウェブアプリの名前を入力する

    • 「Publish」ラジオボタンオプションで「Docker Container」を選択する

    • オペレーティングシステムとして「Linux」を選択する

    • ドロップダウンから適切なリージョンを選択する

    • 適切なアプリケーションサービスプランを選択する持っていない場合は、デフォルトの構成で新しいものが作成する

      VantageCloud Lake デモの目的では、冗長性は必要ありません
    • このタブを完了したら、「Docker」タブをクリックして続行する

Azure Web アプリ Basicsを作成する
  • 「Docker」タブで、次の操作を行う

    • ドロップダウンから「Single Container」を選択する

    • 「Image Source」ドロップダウンで「Docker Hub」を選択する

    • 「Access Type」ドロップダウンで「Public」を選択する

    • 「Image and tag」タイプにタイプする: teradata/jupyterlab-extensions:latest

      この App Service には起動コマンドは必要ありません
    • 「Review + Create」タブを選択して続行する

Azure Web アプリ Docker を作成する
  • 「Review + Create」タブで、「Create」ボタンをクリックする

Azure Web アプリ Review を作成する
  • デプロイが完了したら、「Go to Resource」ボタンをクリックしする

Azure Web アプリ Complete を作成する

Jupyter Lab の拡張 Azure Web Appを設定する

  • 右側のパネルで「Configuration」を選択する

Azure Web アプリ Complete を作成する
  • 次のアプリケーション設定を追加する

    アプリケーションの設定

    accept_license

    Y

    WEBSITES_PORT

    8888

    JUPYTER_TOKEN

    使用するJupyter Labアクセストークンを定義します。

    「JUPYTER_TOKEN」構成を含めない場合、コンテナーは新しいトークンを生成し、コンソールに記録します。アプリケーション ログから取得する必要があります。「JUPYTER_TOKEN」構成キーを含めて値を空白のままにすると、システムはトークンを空の文字列として設定し、その結果、トークン セキュリティのない保護されていない Jupyter Lab 環境が作成されます。
  • 保存をクリックすると、アプリが再起動される

Azure Web アプリを構成する
  • 右側のパネルの「Overview」タブに戻る

VantageCloud LakeのデモをJupyter Lab の拡張 Azure Web Appにロードする

  • デフォルトドメインをクリックする

Config Azureウェブアプリ
  • Jupyter Labの開始ダイアログで、定義されたJupyterトークンを入力し、Log inをクリックする

Azure Web アプリを構成する
  • Jupyter Labコンソールで、gitアイコンをクリックする

Azure Web アプリを構成する
Azure Web アプリを構成する
  • Jupyter Lab コンソールで、lake-demos フォルダをクリックする

Azure Web アプリを構成する
Azure Web アプリを構成する

Jupyter Lab の拡張機能 Azure Web アプリの IP を確認する

  • JupyterLab で、Teradata Python カーネルを含むノートブックを開き、次のコマンドを実行してノートブック インスタンスの IP アドレスを見つけます。

    import requests
    def get_public_ip():
        try:
            response = requests.get('https://api.ipify.org')
            return response.text
        except requests.RequestException as e:
            return "Error: " + str(e)
    my_public_ip = get_public_ip()
    print("My Public IP is:", my_public_ip)
    • 次のステップでは、VantageCloud Lake 環境でこの IP をホワイトリストに登録して、接続を許可する

    • これは、このガイドとノートブックのデモのためのものです。実稼働環境では、より堅牢なネットワーク設定が必要になる場合がある

    • Azure App Service は、サービスが公開する可能性のあるすべての IP アドレスのリストも提供します。これは、「Overview」タブの下にある

ロードされた JupyterLab

VantageCloud Lakeの構成

  • VantageCloud Lake 環境の設定で、ノートブック インスタンスの IP を追加する

    Lake環境は複数のアドレスのホワイトリストをサポートします
JupyterLabを開始する

VantageCloud Lake の Jupyter Notebook デモ

構成

  • vars.json は、VantageCloud Lake 環境の構成に一致するように編集する必要がある

    JupyterLabを開始する
  • 特に次の値を追加する必要がある

    変数

    "host"

    VantageCloud Lake 環境からのパブリック IP 値

    "UES_URI"

    VantageCloud Lake 環境からの Open Analytics

    dbc"

    VantageCloud Lake 環境のマスター パスワード

  • サンプル vars.json では、すべてのユーザーのパスワードがデフォルトで「password」に設定されていることがわかります。これは説明を目的としたものであり、これらのパスワード フィールドをすべて強力なパスワードに変更し、必要に応じて保護し、次の手順を実行する必要があります。 その他のパスワード管理のベスト プラクティス。

vars.json ファイル内のすべてのパスワードを忘れずに変更してください。

デモを実行する

0_Demo_Environment_Setup.ipynb のすべてのセルを開いて実行し、環境変数を設定する続いて 1_Demo_Setup_Base_Data.ipynb を実行して、デモに必要な基本データをロードします。

デモノートブックの詳細については、GitHubの Teradata Lake demos ページを参照してください。

まとめ

このクイック スタートでは、Microsoft Azure で VantageCloud Lake の Jupyter ノートブック デモを実行する方法を学びました。

このページは役に立ちましたか?