Imagen

DBeaverでのTeradata Vantageの接続設定

概要

このハウツーでは、DBeaverを使用してTeradata Vantageへの接続を作成する方法を説明します。

前提条件

  • Teradata Vantageインスタンスへのアクセス。

    Vantage のテスト インスタンスが必要な場合は、 https://clearscape.teradata.com. で無料でプロビジョニングできます。
  • DBeaverがインストールされていること。インストール方法については、DBeaver Community または DBeaver PRO を参照してください。

DBeaverにTeradataの接続を追加する

  1. アプリケーション ウィンドウの左上隅にあるプラグ アイコン (plug icon) をクリックして、新しい接続ウィザードを開始するか、 Database → New Database Connection に移動します。

  2. Select your database 画面で teradata と入力し、Teradataアイコンを選択します。

    データベースを選択します。
  3. メインタブでは、すべてのプライマリ接続設定を設定する必要があります。必要なものには、HostPortDatabaseUsername、および Password があります。

    Teradata Vantageでは、ユーザが作成されると、それに対応するデータベースも作成されます。DBeaver では、データベースに接続する必要があります。接続先のデータベースがわからない場合は、database フィールドにユーザー名を入力します。
    DBeaver PRO を使用すると、テーブルの標準的な順序を使用できるだけでなく、テーブルを特定のデータベースまたはユーザーに階層的にリンクすることもできます。データベースまたはユーザーをデプロイしたり折りたたんだりすると、データベース ナビゲータ ウィンドウをいっぱいにすることなく、あるリージョンから別のリージョンに移動できるようになります。この設定を有効にするには、 Show databases and users hierarchically ボックスをオンにします。
    多くの環境では、Teradata Vantage には TLS プロトコルを使用してのみアクセスできます。DB aver PROでは、`Use TLS protocol`オプションをチェックしてTLSを有効にする。
    Teradata接続設定
  4. Finish をクリックします。

オプション: SSHトンネリング

データベースに直接アクセスできない場合は、SSH トンネルを使用できます。すべての設定は、SSH タブで利用できます。DBeaver は、ユーザー/パスワード、公開キー、SSH エージェント認証の認証方法をサポートしています。

Teradata 接続設定 SSH

まとめ

このハウツーでは、DBeaver を使用して Teradata Vantage への接続を作成する方法を説明しました。

ご質問がある場合、またはさらにサポートが必要な場合は、コミュニティ フォーラムにアクセスしてサポートを受け、他のコミュニティ メンバーと交流してください。
このページは役に立ちましたか?