Imagen

Python を使用して Vantage に接続する方法

概要

このハウツーでは、Teradata Vantage 用の Python データベース ドライバ teradatasql を使用して Vantage に接続する方法を示します。

前提条件

  • 64ビットPython 3.4以降。

  • teradatasql システムにインストールされているドライバ:

    pip install teradatasql

    teradatasql パッケージはWindows、macOS(10.14 Mojave以降)、Linuxで動作します。Linuxでは、現在、Linux x86-64アーキテクチャのみがサポートされています。

  • Teradata Vantageインスタンスへのアクセス。現在、ドライバは Teradata Database 16.10 以降のリリースでの使用がサポートされています。

    Vantage のテスト インスタンスが必要な場合は、 https://clearscape.teradata.com. で無料でプロビジョニングできます。

クエリーを送信するコード

これは、teradatasql を使用してTeradata Vantageに接続するための単純なPythonコードです。残っているのは、接続パラメータと認証パラメータを渡してクエリーを実行することだけです。

まとめ

このハウツーでは、 teradatasql Python データベース ドライバを使用して Teradata Vantage に接続する方法を説明しました。 teradatasql を使用して SQL クエリーを Teradata Vantage に送信するサンプル Python コードについて説明しました。

さらに詳しく

ご質問がある場合、またはさらにサポートが必要な場合は、コミュニティ フォーラムにアクセスしてサポートを受け、他のコミュニティ メンバーと交流してください。
このページは役に立ちましたか?