Imagen

JDBC を使用して Vantage に接続する方法

概要

このハウツーでは、サンプルのJavaアプリケーションであるhttps://github.com/Teradata/jdbc-sample-appを使用して、JDBCを使用してTeradata Vantageに接続する方法を示します。

前提条件

  • Teradata Vantageインスタンスへのアクセス。

    Vantage のテスト インスタンスが必要な場合は、 https://clearscape.teradata.com. で無料でプロビジョニングできます。
  • JDK

  • Maven

Maven プロジェクトに依存関係を追加する

Teradata JDBC ドライバを依存関係として Maven POM XML ファイルに追加します。

クエリーを送信するコード

この手順では、Vantage データベースがポート 1025localhost で利用できることを前提としています。ラップトップでVantage Expressを実行している場合は、VMからホストマシンにポートを公開する必要があります。ポートを転送する方法については、仮想化ソフトウェアのドキュメントを参照してください。

プロジェクトが設定されます。残っているのは、ドライバをロードし、接続パラメータと認証パラメータを渡し、クエリーを実行することだけです。

テストを実行する

テストを実行する。

mvn test

まとめ

このハウツーでは、JDBC を使用して Teradata Vantage に接続する方法を説明しました。ここでは、Teradata JDBC ドライバを使用して SQL クエリーを Teradata Vantage に送信するビルド ツールとして Maven を使用するサンプル Java アプリケーションについて説明しました。

さらに詳しく

ご質問がある場合、またはさらにサポートが必要な場合は、コミュニティ フォーラムにアクセスしてサポートを受け、他のコミュニティ メンバーと交流してください。
このページは役に立ちましたか?