Imagen

UTM で Vantage Express を実行する方法

https://clearscape.teradata.com/では、Vantageのホストされたインスタンスを無料で入手できるようになりました。

概要

このハウツーでは、Teradata データベースをローカル マシン上で実行してアクセスする方法を示します。手順を完了すると、コンピュータ上で動作する Teradata Vantage Express データベースが作成されます。

バージョン 17.20 以降、Vantage Express には以下の分析パッケージが含まれています。 Vantage Analytics LibraryBring Your Own Model (BYOM)API Integration with AWS SageMaker

前提条件

  1. Macコンピュータ。IntelとM1/2チップの両方がサポートされている。

    Vantage Expressはx86アーキテクチャで動作する。VMをM1/2チップ上で実行する場合、UTMはx86をエミュレートする必要がある。これは仮想化よりも大幅に低速です。M1/M2 上の Vantage Express がニーズに対して遅すぎると判断した場合は、クラウド ( AWSAzureGoogle Cloud )で Vantage Express を実行することを検討してください。
  2. 少なくとも 1 つのコアと 4GB RAM を仮想マシン専用にできる 30GB のディスク領域と十分な CPU および RAM。

  3. ソフトウェアをインストールして実行できる管理者権限。

    ローカルマシンに管理者権限がありませんか?AWSAzureGoogle CloudでVantage Expressを実行する方法を見てください。

インストール

必要なソフトウェアをダウンロードする

  1. Vantage Express の最新バージョン。これまでに Teradata Downloads Web サイトを使用したことがない場合は、登録する必要があります。

  2. UTM の最新バージョン。

UTMインストーラを実行する

  1. インストーラを実行し、デフォルト値を受け入れてUTMをインストールします。

Vantage Expressを実行する

  1. Vantage Expressをダウンロードしたディレクトリに移動し、ダウンロードしたファイルを解凍します。

  2. UTM を起動し、 + の記号をクリックして、 Virtualize (Intel Mac の場合) または Emulate (M1 Mac の場合) を選択します。

  3. Operating System 画面で `Other`を選択します。

  4. Other 画面で `Skip ISO Boot`を選択します。

  5. `Hardware`画面で、少なくとも4 GBのメモリと少なくとも1つのCPUコアを割り当てます。10GB RAM と 2 つの CPU を推奨します。

    UTM Hardware
  6. Storage 画面で Next をクリックして、デフォルトを受け入れます。

  7. Shared Direct 画面で Next をクリックします。

  8. Summary 画面で Open VM Settings にチェックを入れ、 `Save`をクリックします。

  9. セットアップウィザードを実行します。以下のタブを調整するだけで済みます。

    • QEMU - UEFI Boot オプションを無効にします。

    • Network - ホスト コンピューター上で ssh (22) ポートと Vantage (1025) ポートを公開します。

      UTMネットワーク
  10. ドライブをマップします。

    • デフォルトの IDE Drive を削除します。

    • ダウンロードした VM zip ファイルからディスク ファイルをインポートして、3 つの Vantage Express ドライブをマッピングします。-disk1-disk2-disk3 の正しい順序でマッピングするようにしてください。最初のディスクはブート可能であり、データベース自体が含まれています。Disks 2と3はいわゆる pdisks と呼ばれ、データを含んでいます。ファイルをインポートすると、UTMは自動的に vmdk から qcow2 形式に変換する。各ディスクが IDE インターフェースを使用して構成されていることを確認してください。

      UTMドライブ

      3 つのドライブすべてのマッピングが完了すると、構成は次のようになります。

      UTMドライブの最終版
  11. 構成を保存し、VM を起動します。

  12. ENTERを押して、強調表示されている LINUX ブートパーティションを選択します。

    ブートマネージャメニュー
  13. 以下の画面で、もう一度 ENTER を押して、デフォルトの SUSE Linux カーネルを選択します。

    Grubメニュー
  14. 起動シーケンスが完了すると、以下のスクリーンショットに示すような端末ログイン プロンプトが表示されます。ターミナルには何も入力しないでください。システムが GUI を開始するまで待ちます。

    GUIを待つ
  15. しばらくすると、以下のプロンプトが表示されます。上記のコマンド ログイン プロンプトの後に何も入力しなかったと仮定します。下の画面で`okay`ボタンを押す。

    OK Security Popup
  16. VM が起動すると、そのデスクトップ環境が表示されます。username/password の入力を求められたら、両方に root と入力します。

    VMログイン
  17. データベースは VM とともに自動起動するように構成されています。データベースが開始されたことを確認するには、仮想デスクトップに移動し、Gnome Terminal を起動します。

    Gnome Terminalを起動する
  18. ターミナルで pdestate コマンドを実行すると、Vantage がすでに起動しているかどうかが通知されます。

    Gnome Terminalに貼り付けるには、SHIFT+CTRL+V を押します。
    watch pdestate -a

    以下のメッセージが表示されるまで待ちます。

    PDE state is RUN/STARTED.
    DBS state is 5: Logons are enabled - The system is quiescent
    データベースの初期化中にpdestate返すメッセージの例を参照してください。
    PDE state is DOWN/HARDSTOP.
    
    PDE state is START/NETCONFIG.
    
    PDE state is START/GDOSYNC.
    
    PDE state is START/TVSASTART.
    
    PDE state is START/READY.
    PDE state is RUN/STARTED.
    
    DBS state is 1/1: DBS Startup - Initializing DBS Vprocs
    PDE state is RUN/STARTED.
    
    DBS state is 1/5: DBS Startup - Voting for Transaction Recovery
    PDE state is RUN/STARTED.
    
    DBS state is 1/4: DBS Startup - Starting PE Partitions
    PDE state is RUN/STARTED.
  19. データベースが起動したので、仮想デスクトップに戻って`Teradata Studio Express`を起動します。

    Teradata Studio Express を起動する
  20. 初めて開始すると、ツアーが提供されます。ツアーを終了すると、新しい接続を追加するためのウィザードウィンドウが表示さます。 `Teradata`を選択します。

    新規接続プロファイル
  21. 以下の画面で、ユーザー名とパスワードに dbc を使用してローカルホスト上のデータベースに接続します。

    新規接続

サンプルクエリーを実行する

  1. 次に、VM でいくつかのクエリーを実行します。ホストと VM 間のコピー/ペーストの問題を回避するために、VM でこのクイック スタートを開きます。仮想デスクトップに移動し、Firefox を起動して、このクイック スタートを指定します。

  2. Teradata Studio Expressで、クエリー開発`パースペクティブに移動すします(トップメニューに移動して、`Windowクエリー開発 を選択)。

  3. データベース接続 → `新規Teradata`をダブルクリックして、以前に作成した接続プロファイルを使用して接続します。

  4. `dbc`ユーザーを使用して、`HR`という新しいデータベースを作成します。このクエリーをコピー/ペーストし、Run Query (クエリを実行) ボタンまたはF5キーを押します。

    CREATE DATABASE HR
    AS PERMANENT = 60e6, -- 60MB
        SPOOL = 120e6; -- 120MB
    クエリーを実行できましたか?
  5. サンプルテーブルを作成し、データを挿入してクエリーを実行してみましょう。まず、従業員情報を保持するテーブルを作成する。

    CREATE SET TABLE HR.Employees (
       GlobalID INTEGER,
       FirstName VARCHAR(30),
       LastName VARCHAR(30),
       DateOfBirth DATE FORMAT 'YYYY-MM-DD',
       JoinedDate DATE FORMAT 'YYYY-MM-DD',
       DepartmentCode BYTEINT
    )
    UNIQUE PRIMARY INDEX ( GlobalID );
  6. 次に、レコードを挿入する。

    INSERT INTO HR.Employees (
       GlobalID,
       FirstName,
       LastName,
       DateOfBirth,
       JoinedDate,
       DepartmentCode
    )
    VALUES (
       101,
       'Adam',
       'Tworkowski',
       '1980-01-05',
       '2004-08-01',
       01
    );
  7. 最後に、データを取得できるかどうかを確認する。

    SELECT * FROM HR.Employees;

    以下の結果が得られるはずです。

    GlobalID  FirstName  LastName   DateOfBirth  JoinedDate  DepartmentCode
    --------  ---------  ---------- -----------  ----------  --------------
         101  Adam       Tworkowski  1980-01-05  2004-08-01               1

まとめ

このガイドでは、動作する Teradata 環境を迅速に作成する方法について説明しました。VMware 上で実行されている VM で Teradata Vantage Express を使用しました。同じ VM で Teradata Studio Express を実行してクエリーを発行しました。すべてのソフトウェアをローカルにインストールしたため、クラウド リソースの料金を支払う必要はありませんでした。

さらに詳しく

ご質問がある場合、またはさらにサポートが必要な場合は、コミュニティ フォーラムにアクセスしてサポートを受け、他のコミュニティ メンバーと交流してください。
このページは役に立ちましたか?